2006年11月30日

事実を伝えることの寂しさ

事実を公表することは寂しい。
なぜ寂しいのか?
人が真実を・思っていることを話せなくなるからだ。

よく考えて欲しい。

人間は完全な生き物ではない。

時には(私の場合は結構かもしれないが・・・)失敗し、時には妥協しなくてはいけないことがある。

当たり前だ。規定で決めた規格品の生き方、法律で縛った生き方なんて出来るはずがない。



・・・しかし、時として人は規定を使う。

・・・良かれ悪しかれ自分の利益を守るため。

やさしさのために規定を破ることもある。私利私欲のために規定を破ることもある。両方を兼ねている場合もある。



まあ、そんな世の中なのだが、その中で、なぜ私はネット上でいろいろ書くようになったのか?

それは、数年前の出来事にさかのぼる。

当時ネットを楽しんでいた私は、ちょっとしたミスが原因で、とんでもないことに巻き込まれてしまったのである。

そのことから、一時期、私はネットに足を踏み入れなかった。しかし、私は、本音をぶつける友人もおらず、もし話したとしても、理解することはないだろうと悟った瞬間、本音をネットに昔以上にぶつけるようになったのである。

しかし、単に本音をぶつけるだけでは、自分が傷つくだけで終わってしまう。でも、書くことによって、誰も読まずとも、自分の整理が出来るし、読んで批判を受ければ、それはそれでいいと考えることが出来ると考えたのである。

黙っていても『ぐしゃっ』と潰されるのは目に見えていた。ならば、黙らずに公に発言するしかないと思ったのである。

しかし、真実を話す人は寂しさに耐えなければならない。
時として勘違いやお馬鹿なことを書いて笑われ、時として切り捨てられるだろう。

でも、黙って潰されるよりか、はるかに良いではないか。

どうせ同じ道(人生)を歩むなら、そっちの方が気が楽である。

私の人生は短い。悲しい。
それを覚悟で走る。生きるという実感をつかむために。

*****

この話はフィクションです。
posted by プロジェクトG at 22:48| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月25日

真実と嘘とおおげさの38度線

「あんたの言う事なんて誰も相手にしないわよ」経理がつぶやく。

 まるでここは北朝鮮のようである。

 真実が曲げられていく。それがどのような形であるかは別にして。

 ウイルス対策がなされていない・・・という歴然とした事実を覆い隠そうと上司も経理も、その取り巻きも必死である。というより、忙しい中担当者が指摘し、解決策を考えるために必死になっているのを妨害し、会社との交渉権を取り上げ、もしくは、「この業者と」と指定し、会社と言うよりも自分の利益を優先して業者と折衝し交渉している。

 お客様に知れ渡った会社の危ないことを隠すのはドザエモンの役目である。人のつながり(無論、それは特定のお客とのみつないだ便宜を図ったパイプなのだが)を行使して、嘘とおおげさな行動を取る。

 無論、パソコン担当者やバイトである私が嘘や大げさな話をしないというわけではない。が、経理やドザエモンらの行動は、私が話すそういったものを遙かに上回る嘘をつき、行動を抑止し、デマを流しているのである。

 もはや、これは戦争なのかもしれない。

 何に対する戦いか?

 社会に対しての会社が果たすべき責任とか、会社の存続そのものとか、個人の名誉とか、そういったものを守るための戦いである。

 だが、この世の中に、真実が語られるということは、どれくらいの確率であるだろうか?

 新聞だってテレビだって、正直、完全に真実が書かれているわけではない。「正しい」と思ったことを記載しようとした瞬間、それは客観性(公平さ)を失う羽目となる。例えば、新聞が『犯罪者』とされた者の話をきちんと載せたことがどれくらいあるだろうか?『被害者』といわれた者の意見は大いに載せるが、『犯罪者』とされるものに面会をし、彼らの声を書いた新聞はほとんど無いのではないだろうか?

 ドザエモンらは、今まで培ってきた人脈を使い、自分たちの声を『正義の声』として支持者とともに宣伝を行っているようだ。それについて相手側の意見を聞かないまま、多くの支持を集めた意見のみを『信頼出来る情報』と信じている人々がいる。

 しかし、それが世の中の現状なのだろう。

 以前、『きらきらひかる』というドラマで『真実を見つけるのは山の奥のほんの少しの綺麗なわき水を探すようなものだ』というセリフがあったが、まさにそれに似ている。

 でも、あえて、伝えていこう。私が見た・聞いた・感じた内容を。

 誰かが歩まなければ、真実を伝える者は誰もいなくなる。

 だからこそ、これからも伝えていこう。命ある限り。

 しかし、真実を伝えることはもちろんのこと、真実を知ったときから、命すら危なくなることもあることを最後に書いておきたい。

 映画の見過ぎ?いえ、実際、真実は時としてそれだけ危険なものなのだ。

 なぜなら、嘘を言う者にとって、真実は、嘘と共に嘘をついた者までも切り裂いてしまうほどの恐ろしい刃になるからである。

 ご注意を。

*****
 この話はフィクションです。
posted by プロジェクトG at 02:08| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

クビ内定

クビが内定した。

「決定」で無いのは、上司でなく経理が話している点からだ。

その理由のひとつが、このブログがどうやらばれたらしいという点だ。

これからの私は、どう辞めさせられるかをレポートすることになる。

1、旧国労職員のように人間的に無理な内容の機械的・形式的な業務を押しつけたり、守らなければクビにする方法(ねちねち型)

2、一定期間後、クビを宣告する方法。(切り捨て御免型)

3、仕事を全く与えずに放置し、精神的に追いつめる方法。(見殺し型)

4、怒鳴り散らしたり、辱めを受けさせて追いつめる方法。(圧縮型)

5、わざとトラブルを起こすようにし向ける方法(指示だまし討ち型)

6、「辞めたい。あんたも辞めな」と言わせる方法(連鎖型)

そのうち、A・Bよりは1型、Cより4型・5型、Dより6型を経験している。

が、私の予想では、1型・2型・4型・5型の混合型の気がする。

すっきりするのは2型だが、これをやれる会社はあまりない。というのは、これをやれるのは「うちには全く問題がない。もしくは、該当社員が、何か弱みがあり、よっぽどそこをつかれるか、軟弱な場合、転職先のあてがあるなど」という会社のみである。
自分で言うのも何だが、「命がけで仕事をやる」人間の場合、2型は相手が納得しない限り、どこかで何かの問題が爆発するということとなる。

たちが悪くなると、探偵やら情報収集やらで恐怖政治が始まる。

もはや『スパイ合戦』さながらである。

ただ、もう少し、うちにはスマートなやり方もある。

『経営不振につき』

これがすっきりくるだろう。で、派遣を雇う。と。

ただ、派遣は、辞めやすいでっせ。悪いけど。(バイトも同じだが)
ある意味働いている限り私ほどお人好しな人はいません。

今日のドザエモン、まともなことを言いました。
はっきり言っておきましょう。ドザエモン。あんたはたまにずれるし、型ばかり気にして横暴だが、きちんとしてる部分もあるし、タクシー男がデマを流してくれたおかげで、危うくすべてあんたを悪魔扱いするところでした。

でも、身内を威圧して殺そうとするのはやめれ。情報隠しはやめれ。

 ここで、初めて登場した『タクシー男』。実は、この人、タクシーで通勤中。というのは、タクシーが彼の車にぶつけたため、タクシー会社が載せているらしい。でも、噂では、うちの会社に請求書が来ているとか。無論、噂。

 で、実はこのおっさんが侮れない。知識は豊富、才能はある。でも、精神的にドザエモン『ら』が怖いという。現在、上司の管轄下にあり、この人から噂を聞いたが、この人(+α)のドザエモンに対する評価に頼りすぎて失敗する形となった。

 ドザエモンはひどく人の好き嫌いがあるのは事実。で、『無茶苦茶』な部分もあるが、時として冷静な分析もある。タクシー男はそれを『恐怖感』からか、それとも意図的なのかは知らないが無視している。

 『無茶苦茶な部分』と『事務所の人間の話をゆっくりと聞かない(客の話には親身なのに)』部分を除けば、ドザエモンはド●エモンに進化できる・・・所詮無理だが。そういう場合は、こちらがそういう対処をしてやればいい。

 人の話は聞く。でも、決断は自分。そういう考え方を持つべきだと感じる。

 ・・・読者になぜこんな話を聞かせるか?これは、一種の職業訓練である。成功した話は唸るほど売られている。でも、人生に失敗した話なんてそんなに聞ける訳じゃない。失敗から成功を学べ。これは、自分自身にも課せられた課題なのである。

 あんたの場合、もう復活出来ない・・・とどこからか声が・・・(苦笑)

 そのためにも、私はこのブログをつづっているのである。

***

 この話はフィクションです。
posted by プロジェクトG at 22:53| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月18日

ついに来た!ネットワーク死刑宣告!

 パソコン担当者があわてふためいている。

 プロバイダーS社から、『おたくのパソコンやサーバーがウイルス感染しているらしく、メールが第3者(他人様)のところに迷惑メールとして送られていますよ』と通報してきたのだ。

 先日も書いたように、勤めている会社のパソコンはウイルスに感染しており、やばい状況であること。そして、上司らがそのことを理解せず、担当者がキレて『ウイルスで損害が出ても責任は負えませんよ』という内容の文章を提出し、それをもみ消した話まではした。

「『来年の予算で・・・』A上司
 『ウイルス対策はあとでゆっくりと考えましょう』B上司
 『そんなことはお金を稼いでからいいなさい』(その後、この発言の撤回はなし)C上司=ドザエモン
 『次に指摘を受けたら対策を考えます』D経理
 『そんなことは分かっているのにからかいがいがありますよね』E

 で、社会的責任をパソコン担当者が負えと!?
 おまえらの給料や退職金でなんとかせえや!!

 少なくとも、おまえらよりは給料はもらっとらんわ!!(年功序列のため)」

 ・・・とまだ若いパソコン担当者は言っております。

 「これが『大人になれ』(by経理)ってことですか」(パソコン担当者)

 ・・・なんだかよくわかりませんなぁ。

 ・・・で、またもみ消すんですか?今度は、世界中相手にもみ消しをできるとでも?そりゃ無理ですわ。なんぼなんでも。

 ・・・しかし、結構うちの会社、こうなると動く可能性も。で、その相手は・・・うちのネットワークを導入した大手Yとその関連会社!!(苦笑)

 でもって、セキュリティ対策で倒産?

 いろいろパソコン担当者に責任を押しつけ、難癖つけてクビか過労死か事故死に見せかけた殺人(傷害?)かはいいんですけど、

 もはやばれてます。

 タクシー通勤ご苦労様です。

 では、バイトの私はこの辺で。

 『人間、100%の人なんていないんだよ。クレーム・抗議なんて当たり前。自分のことは自分で決めな。一寸先は闇なんだからさ。』>優秀なるとある人物へ(これは私への教訓でもありますが)

(最後らへんは意味不明と言うことで)

*****
この話はフィクションです。
posted by プロジェクトG at 21:26| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月15日

親会社の怒り

「あいつを潰せないんですか!!!」

親会社の当社広報担当が子会社の出向幹部に噛みついていた。

無論、「あいつ」とは私のことである。

うちの会社は、その広報活動の大部分を親会社に頼っている。で、親会社は、幹部を子会社であるうちの会社に送り込み、うちの会社はその幹部に高い賃金を払っている。

私は個人的に、今いる幹部は嫌いではない。が、その幹部の方針には抵抗がある。

それは、私が今勤めている部門の縮小、もしくは廃止を決定していること、(それは親会社の意思でもあるようで、なんだかんだと理由をつけて広報をしなくなってきている)

そして、猫型ロボット『ドザエモン』対策として投入されている点である。
幹部派は『ドザエモン(とその操縦者である経理)を破壊せよ』という指示を私に出している。が、実は本気ではなく、『ドザエモン』のみの動きを封じればよいと考えているようである。

『ドザエモン』は、どういう指示をされているのかは知らないが、私の部門が赤字だの何だのと騒ぎ立て、前任者ではなく、赴任してすぐの私を責める事になっている。

結局のところ、泥をかぶるのは私という構図を生み出している。

で、ストレスがたまりにたまった私は、親会社への広報依頼の際に、当社の広報担当だけでなく、他部門の広報にまで

『うちは高い給料払って幹部を雇っている。しかも赤字で困っているのだから、広報に協力してください。4ヶ月もまともな広報出来てないんですよ。』

と言う文章を出したのである。

で、親会社の当社広報担当が噛みついたというわけである。

『死ぬにしてもただで死んでたまるか!!バイトだって五分の魂はもっとるわ!』

そんな感じなのである。

噂では私は『ヤクザ』と言われているらしい。経理に言わせると『ヤクザと同じ』だそうだ。

私自身の『信念』がそうさせているのかもしれない。

昔、大きな病気を患い、誰にもそれが理解されなかったその時、私はある覚悟を決めた。人間一寸先は闇であり、どう生きるかはそれぞれその人自身であること。人間100%という事はなく、完璧な人などいないが、でも、頑張った方が気分が良いということ。

しかし、こういう生き方は理解されないらしい。というより、正直、こんなやつ相手にしたくないのが本音だろう。

『あんなやつ潰されるわ』親会社の当社広報担当の本音である。

*****
この話はフィクションです。
posted by プロジェクトG at 00:23| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

猫型ロボット『ドザエモン』暴走中

・・・猫型ロボット『ドザエモン』が、今、暴走している。

暴走内容を箇条書きにしておく。

1、権限がないのに社内で回覧させている情報を勝手に止める。もしくは破棄する(させる)。
(例)回覧している情報の勝手な破棄。クレームの隠蔽。(特に、クレームの隠蔽は、隠蔽しただけではなく、お客様への対応を怠ったため、後で、お客様が直接上司に手紙を書き、上司に事がばれて大変な事態となった)

2、特定社員に話しかけないよう圧力を加える。

3、非常勤社員や親しいお客様を扇動し、特定社員の悪口をあること無いこと言いまくる。もしくは膨張させて話を大きくふくらまして現場を混乱に陥れる。
(例)クレームの件は担当者に報告したのに、担当者が何の手も打たなかったかのようにでっち上げた。

4、自分に都合の悪い情報をもみ消す。もし発覚した場合は、責任を他人になすりつけることもある。
(例)金儲けのため定員を超える人数を会場に収容させるよう計画、実行しようとして、上司には適当に報告をし、それがばれると「利益のためだ!配置ぐらい後でどうにでも出来るだろ」と無茶な発言を行った。

5、『あまりでたらめなことを言うと、やくざに刺されるよ』などと脅迫する。

 ・・・などと暴言を吐く『ドザエモン』だが、多分、ヤクザのほうが笑うだろう。
 なぜなら、今時のヤクザ、たとえどんなに『ドザエモン』に恩を感じていたとしても、それだけで人を刺すような人間はいない。刺す前に金を取られるだろうし、刺した後も、さらに金をたんまり取られるような仕組みになっているのである。

 で、さらに言えば、警察からは(もし逮捕される用件が見あたらなくても)ブラックリストに載り、しかも、刺したヤクザがある程度の金で縁が切れたとしても、その情報をリークした別のヤクザに金をせびられる・・・なんてこともあるのである。

 ヤクザなんてたよると、行き着く先は地獄・・・という訳なのだ。

 ごくろうさま。

(この話はフィクションです。最近、日常のことを書くブログに『フィクション』を載せているのは、小説家を目指そうという心の叫びがあるからかもしれませんね。)
posted by プロジェクトG at 22:26| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月03日

いじめ好きの猫型ロボット発売中

 現在、いじめ好きの猫型ロボット発売中である。

 無論、販売元は私のバイト先である。

 お客様に対する接客は抜群である。どこかのアニメではないが、何でも出してくれる。よく相談にものってくれ、大変好評である。

 しかし、自分の身内で嫌なやつがいるとすぐに攻撃する。そのせいで、多くの身内が犠牲になった。さらに言うと、お客様へのネタにするために、身内に間違った情報を流してでたらめな指示をし、その対応でお客様が怒ると、自分の持ち前の接客でご機嫌を取り、その身内がすべて悪いかのように振る舞うのである。

 さらに、多くの仕事を身内に増やさせるのもお得意である。

 開発愛称『ドザエモン』というのは、そこからつけられている。

 いじめたい、排除したい社員がいる会社で、自分の企業に集客力がないと思っているところには、特別価格でご提供したい。


 ただし、現在、この運営は当社『経理』が行っているので、ご相談を。

(注:この話はフィクションです。)
posted by プロジェクトG at 07:59| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。