2006年12月23日

倒産族な人々

 『倒産族』というのをご存じだろうか?

 『倒産させるために働いているような人々』のことを言う。

 うちの会社で現在、静かなブームとなっている。

 例えば、『非常勤の給料を下げるなんて・・・』という連中の給料は・・・バイトである私よりも『ものすごく』高い(爆笑)
 で、『なら職員の給料をカットしては?』との問いかけには『職員だって給料を下げたらいやでしょう。あなたも下がるのよ』だそうである。

 正直言おう。『まず、あんたら自身の身銭を切れ・・・』と。

 『やる気が下がるから賃金カットは出来ない』『みんなで頑張って努力して欲しい』そのしわ寄せは、バイトに来る(爆笑)

 『あんたが仕事やってないからそうなるんでしょ』(byドザエモン)

 いやあ、少なくとも、『賃金÷仕事量』では私の方が明らかに低いですから(爆笑)そんなに偉そうに言うんなら、自分とこの部門の赤字をどうにかしろ。さらに、そこまでガタガタいうなら、安月給で一般技術兵雇うなよ。(笑)おなじみのY系列にでも頼んで給料しっかり払ってスペシャリスト雇え。まあ、おまえの異名のごとく、そのスペシャリストがつぶれなきゃ良いけどな(爆笑)

 ・・・とネット上で愚痴を言ってみる。

 で、上層部は・・・というと、今回、中間管理職がたちが悪い。

 担当者が決めた素案を『ドザエモン』に相談する。『ドザエモン』がまともならいいのだが、前述のようにこの『ドザエモン』、相手の仕事量を考えず言いたい放題述べる。さらに、なぜかバイト君に恨みを持っているらしい。しかも、前に述べたことと『話が違う』ことが多い。

 例えば、ある提案に対してドザエモンがAという意見を述べる。で、この中間管理職に伺いを立てる。中間管理職はドザエモンに伺いを立て、ドザエモンはBという考えを述べる・・・で仕事量が増大する。

 で、困って責任者に相談すると『俺の意見を無視した!おまえ達を火の海にしてやるぞ』というどこかの国の指導者の発言かと思えるような発言を行う。

 また、この中間管理職、数字のみを捉える部分が多い。お客様アンケートを集計する際『すべての意見を書け』という。最近、アンケートなんて本気で書く人間は少なく、不満を書いているアンケートほど良いアンケートだという実情を知らない。
 そのほかにも数字にはうるさいが、数字のみでは表れない各個人の特徴を考慮せずにきめる部分が多い。こういう傾向は、自分の身を守るには良いのだが、会社が赤字だ危険だと騒いでいるときに、人の適材適所の配置が出来ないというのは致命的になる場合がある。

 いやあ、バイトなのによく我慢していられるな・・・と我ながら思う。多分、経理が『働いてないくせに。効率が悪い』とぶつぶつ言われてサービス残業させられながら我慢していられるのは、たまに、ブログやらなんやらのネタになるからかもしれない。

 それと、働いているのが半ば趣味になりつつある自分がいる。昔もそうだったが、働いたり、そこでアイデアを出すのは嫌いじゃない。面倒なのは、古い考え方や自分の考えにばかり凝り固まって、柔軟な対応が出来ない中間管理職とドザエモン(時たま経理)なのである。

 しかしながら、私自身だって、面倒なのは、古い考え方や自分の考えにばかり凝り固まって、柔軟な対応が出来ない場合もあるのかもしれない。

 で、それを見て笑っているのは、うちの会社の責任者のような気がする。
 『いやぁ、3月には(いろいろと問題のある)バイト君をやめさせてY社製量産型ロボットにかえよっかなー』

 『バイト君、優しすぎるんですよ』(とある人)

*****
この話はフィクションです。
posted by プロジェクトG at 10:21| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

形こだわり実無なり

「実無」漢字の変換ミスか?いや違う。

実務が出来ないので「実無」としたのである。

皆さんはビジネス文章というのをご存じだろうか?
簡単に言うと、会社に関係する際に使う文章の形のことである。

http://www.itp.ne.jp/contents/business/tool/business.html
「ビジネス文章の基本ルール」大手NTT関連企業が作ったもの

うちの会社はビジネス文章にうるさい。

「明朝体で!・・・」「時下は失礼にあたる・・・」などなど。

「他社ではゴシック体もありますし、時下は一般的ですが(前承認されていた文章にも使われている)・・・」

「うるさいわね。うちにはうちのしきたりがあるのよ。」

「なら、作って見せてくださいよ」

「先輩の仕事を増やす気なの!いい加減にしなさい」

という会話が延々1時間以上続くのである。で、最終的には

「そんなに聞けないんなら、もう意見しません」
「意見されるというのは、期待されていると言うことですよ」

となるのである。

バイト君にそんな事を言われても、バイト君は他社の経験が長いので分かりません。(そこでは文章のフォーマットがきちんと確立されておりました)勝手にやれと言うなら・・・暴走して良いですか?(ニヤリ)

意見はきちんとお聞きしますし、ミスだってしますし、助けてもらっていることも理解していますが、あんまりワヤ言うと・・・本気でキレますぜ。

とうとう、先日、上司に愚痴のついでに少しキレそうになってしまいました。

最近、タクシー君もだんだんと自家用車通勤となりました。タクシー君は怪我だったのでタクシー通勤していたようです。

頭ごなしに非難されると「おまえは仕事をやってない」と言われ全否定されている感じがしますね。また、圧迫感を感じると記憶が飛んだり、ミスを連発するようです。そういうことがうつにつながったりするわけで・・・。
無論、世の中には、全否定する人もいる訳なのですが・・・。

でも、何はともあれ一生懸命やるしかないと言うことだけは確かなようです。

*****
この話はフィクションです。
posted by プロジェクトG at 18:27| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月06日

みんなボロボロ・・・

 赤字体質の企業はつらい。

 一番安月給で仕事量が多いのオイラは一番つらいのだが、そうでなくても、他の人間もボロボロである。

 事務員の一人は以前に倒れて、それ以降鬱状態(保身もあるが)で仕事をしなくなった。別の事務員は、最近倒れたと聞いた。ボーナスをカットするという話を聞いてドザエモンはふてくされて退社時間を早めた。他の事務員は意気消沈している。

 でおいらは・・・

 販売・事務(そのうち期日が迫っている重要案件5件以上)・広報などをやっている。失敗続きで謝ってばかり。せっぱ詰まって怒り心頭。何とかしたいと思いながらも出来ない歯がゆさ。そして、いろいろな人への疑心暗鬼。

 でも、ぶっ倒れても良いから前へ進みたい。

 でも、ボロボロである。

 みんなボロボロ。

 打開策はないものか・・・。いっそうのこと、上役の給料を半分カットして一人増やせないか・・・とか考えてしまう。

 ○○・・・愛してるぜ・・・(現在、脳内で暴走中:苦笑)

 ボーナスなんて、アルバイトのおれっちには関係ないことさ。ボーナスは、もらえてありがたいと思え・・・というのが俺の信条。(アルバイト人生なので・・・)

 とにかく明日も頑張りましょう。

*****
この話はフィクションです。
posted by プロジェクトG at 22:19| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月05日

むちゃくちゃ・・・(苦笑)

・・・(会社が料金を払っていると噂されている)タクシー男がこそこそと数人の非常勤職員と話している。

そういうときには何かある・・・。
一抹の不安を感じつつ会議とやらに出席。

会議は滞りなく終了し、ほっと一安心したのもつかの間、とある非常勤が出席出来ないと連絡が入った。

「やばい」ということで、急遽別の非常勤に連絡。
(アルバイトなのに人の振り分け作業も行っている・・・)

ところが、そこで、事態が急展開した。

「○日入ってもらえないでしょうか?」
「その日はいないんだよ」
「ところで、×日はうちでのアルバイトの日でしたよね」
「そうじゃないだろ」
「えっ!先日お送りして返送して頂いたじゃないですか」
「あれは記述の日に『空いているよ』という意味で、別に確定とは考えていない。現に予定は入れているし・・・」

「大変申し訳ありません。」

「それにだね。一度そちらに問い合わせをしたら、事務所の人間が

『事務所としてはもう確定しております』

って答えてたよ(怒)」

そんなあほな!!

そんなことを確定的に答えられるやつは、うちの上司しかおらん。

確かに悪いのはオイラだけど、問い合わせに無茶苦茶な回答して!!

その方には謝って何とか入ってもらいました。
(今度から日程は直接オイラに聞いてくれー・・・と泣きそうになりながら)

先日もうちの上司・・・

今まで郵送のみで書類送付を認めていたとある大口取引先の担当者が変わって

「おまえんとこは、いつも郵送で送ってくるやろーが。どこもうちのところは持参じゃ!」
「(おまえはヤクザかと思いつつ)今までは、郵送で取引しておりまして、それは昨年来ずっと認めて頂いておりましたが・・・すみません。午後持参させて頂くと言うことで・・・」
「はー。なにぐちゃぐちゃ言いよるんじゃー。持参って言ったら持参じゃ。もうええ。郵送でも何でも好きにすればいいやろーが。」

がちゃん。

これはやばいと、うちの上司に報告。

上司に対応が代わり・・・。
「すみません。持参とは分かっていたのですが・・・」
「おまえんとこは引き継ぎ出来とらんのか!」
「いえ、前任者はきちんとひきつぎしておりまして・・・」

おいおい。持参が条件なんて聞いてないし、契約書には書いてないぞ。過去は郵送どころかFAXで取引してる記録あるし。

さらに上の上司曰く『あいつらは欠点をいろいろいじって楽しむのが趣味なのになぁ(笑)』だそうであります。


♪ああ、分かってくれとは言わないがー そんなに俺が悪いのか
 ララバイ ララバイ 過労死だー ボロボロ体の 子守歌♪

*****
この話はフィクションです。
posted by プロジェクトG at 23:58| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。