2007年01月26日

嘘のような嘘の話。

メール騒動

メールやインターネットは便利なものである。瞬時にしてメールが届く。
しかしながら、その宛先がどこなのか・・・あなたはそんな不安に駆られたことはありませんか?

例えば、あるメールをあなたが送ったとする。
あなたはきちんとアドレスを書いたはずなのに、そして送ったはずなのに、実はそのメールはドザエモン宛へ。
ドザエモンは、その文章を自分の名前、自分の書いたものに書き換えたり、破棄したり出来る。なぜなら私は管理者だから。

無論、その逆もしかり。

誰からかがあなたにメールを送ろうとする。ところがそれを受け取ったドザエモン。文章をおかしく書き換え私宛へ。

無論、偽造も行います。

ドザエモン、自分が書いたメールをあたかも別の人が書いたかのように偽造します。で、私にメール送信。ご苦労さん。

実は郵便も同じシステムが適用される。(by経理)
1、指示して不要な郵便物をわざと送らせる。
2、まともな郵便物は、会社名と印鑑・身分証をつかって回収。破棄。
3、配達員がグルになる。もしくは、利用される。(お得意様とか同じ団体とか)

さらには電話も同じ。
1、電話機などにチップを埋め込み、別の電話に自動的にかかる仕組み
2、コールセンター(の様な場所)でその電話を受発信

ご苦労さん。

記録改ざん(私文書偽造:電子媒体含む)、脅迫、詐欺、背任、横領などなど、数え上げればきりがない。

正規の残業代を払って頂ければ、上記のことをやられても何の文句もありませんのに(苦笑)

あなたの給料、約2倍。私は、貧乏、暇無し、彼女無し(笑)

※この話はフィクションであり、実在の人物とは全く関係ありません。
posted by プロジェクトG at 23:15| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月11日

自分が何かの被害に遭っている方のために

 多分、これからの話は、ある意味重要な話である。が、私の前のブログでの書き込みを見なければいけないとあまり意味が分からない思う。

 まず、最初に言っておくが、私が『フィクション』と書いていることは『フィクション』である。

 自分の身近でこういう事例が偶然にもあった場合、必ずしもそれが『意図的に』行われるかどうかは不明だが、私の知り合い曰く「今のヤクザは看板なんか掲げず、組織も合法的に作られ、市民に浸透している」という話があり、もし、そういう組織等がある日敵意を自分に向けた場合にどういうことになるかなどを、論理的にシュミレーションして公表している次第である。

 もし、あなたにこういう被害が出た場合、はっきり言って助かる方法はほとんど無いといって良い。なぜならば、相手は「資金」「権力」「演技」などの力をもっており、対象者に心理的に圧力を加え、最終的に病気にさせてしまうこととなる。

 ただし、助かる方法が唯一あるとするならば、インターネット上のブログ等にてあなたが受けたと思われる被害を逐一記述していく他はない。無論、『実名は厳禁』である。なぜなら、正直に言って、『被害がある』と書き出した場合、疑心暗鬼に陥っており、冷静な視点が抜けてしまう可能性があるからだ。

 なぜ記述しなければならないか。それは、自分の記録を残すことで、まず自分の位置を見直すこと、それとともに、もし自分が倒れた場合、後に残る人間へ警告を発することである。被害をもろに受けたと思われる人間は、社会に対して警告を発する特権が与えられている。ただし、その文章は、なるべく論理的に記述する必要がある。

 正直、それが単なる愚痴のような文章でも良い。書いてみよう。恐れずに。
 それが「ばれた」としても、何を恐れる必要があろうか。あなたは正直に思ったことを『実名を使わず・所在地等を明らかにせず』書いただけではないか。本来、密かに書いているものを勝手に調べて、それがばれて立場が悪くなったとしても、最初から『立場が悪い』のだから、何を恐れる必要があるのだろうか。

 ある人曰く『ネットは社会を崩壊させる』だそうである。人のつながりのネットによって(どんなことをしても)人(=自分)が潰されるのならば、あえて、それを記録に残しインターネットによって公表すべきである。その方がすっきりするはずだ。

『無理をしない』『首になるのを恐れない(首にしようと思えば、どういう理由でも相手は首に出来るし・潰せる)』『公平さを保つ』

これからの人にとって必要なものだとおもう。

****
「フィクション」として想定した被害

○指示を受けた行動をすると被害に遭う
(例)○○という御用達の店に買い物に行くよう指示を出し、その店に『これから行く人間はヤクザだ(もしくは変わっている、変人、頭がおかしい)』などと言う。(ネット検索で調べると、公的機関の人間がこれに参加してひどい被害を及ぼすこともあるらしい)

○いたずらの注文・そしてドタキャン

○必要な商品を購入しない もしくは 購入の際に複雑な手続きが必要
(例)いつも使う品物の購入を依頼すると、様々な理由をつける(他の人が依頼した場合はすぐに購入)

※無論、こういう話をするときにもっともらしい理由をつけるが、事情を知った第三者がその理由を聞くと「そりゃワヤ(無茶苦茶)やろう」という話になったりする。しかし、人間たる者、生き残るために保身に走るのは当たり前であり、そのためにこういう行動に出ることもある。

・・・こういうフィクションが事実にならないことを祈るのみである。
posted by プロジェクトG at 11:04| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月02日

あけましておめでとうございます

皆さん、新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

昨年は後半部分「フィクション」小説が多かった気がします。

なんだか「フィクション」小説を書き始めた少し前から、人に騙されたり、無茶苦茶な話が来たりする事が多くなり、友人曰く「昔は良かったのに、おまえ最近性格が歪んできてるぞ」などというくらい性格が悪くなってきた気がします。

「あった」話が「なかった」となったり、「なかった」話がいきなり表面化したり・・・こんな環境で性格が悪くならない方がおかしいような気がします。(あえて深くは言いませんが)

仕事上のパートナーを見つけるのも難しそうです。(私の友人の中には仕事上のパートナーから腐れ縁で友人になった人もいますが)

まあ、それはともかく、今年は『いい年になるかな・・・?』という疑問のまま頑張るしかなさそうです。はっきりどうなるか分かりませんから。
posted by プロジェクトG at 12:36| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。