2007年03月25日

最新バイト君ニュース

※この話はフィクションです。

・不採算部門に対する経済制裁のニュース
 ・・・先日、不採算部門に対する経済制裁が強化され、以下の2つが新たに追加されました。
 1、告知無き機器保守契約の強制解除
 2、部門内のネットワーク機器のセキュリティ対策に関する遅延・たらい回し

・新手の詐欺に注意
 ・・・『消防署のほうから来ました』といって、消防署の人間と勘違いさせて消火器を売りつける詐欺が横行していますが、それと同じやり口で、身分を詐称する詐欺が横行している模様です。
 場合によっては本物と同じ制服を着用し、FAXに『○○株式会社』などと正式な社名を記載している場合もあります。企業の皆様、ご注意下さい。

・社説『役人はにぎにぎをよく覚え』『白河の清きに魚のすみかねて もとの濁りの田沼こひしき』
 歴史(日本史)の時間で昔習ったこの2つの短歌と人物を記憶しているでしょうか?2人の人物とは、田沼意次・松平定信の2人です。
 現在では田沼意次に対する評価は非常に高いものとなっています。これは、重商主義政策と田沼の財産が処罰されたときにはほとんど残っていなかった、つまり賄賂として受け取っていてもそれを公のために使っていたという話に評価があるようです。反対に、松平定信は重農主義を唱え、賄賂を禁じ形式を重んじたと言われています。
 しかし、どちらにしても、行き過ぎは不幸を招くという事でしょうか。それとも、一方が行き過ぎたため、おかしいという批判の矛先が別の政策になってしまうという時代の流れでしょうか?
 いずれにしても、にぎにぎの習慣はなかなか改善されないものです。バイト君はその点は全くの無縁と言っていいでしょう。

・【CM】内部告発は合法です。
 内部告発とは従業員が自分の働いている職場で「悪いこと」が生じていることを知ったときにその「事実」を外部に公表することを指しています。(以下のリンクを参照)

http://www.nara-su.ac.jp/keiei/2004/current3.htm

 ですが、日本の法律(公益通報者保護法)で保護されている内容は限られています。ご注意を。

・【CM】いじめストーカーに注意しましょう。
 通称『いじめストーカー』とは、執拗に対象者の言動・行動を監視し、欠点が見つかるや過剰に反応して攻撃を加えたり、その人に関わる仕事に関してわざとおくらせて困らせたりすることなどを指します。さらに、その行動が私生活にまで及ぶこともあります。
 自分が被害者だと思われる方は、まず冷静になった上で、様々な文献(『集団ストーカー』『ストーカー』などで検索)したのち、なるべく『事実の断片』を集めるようにしてください。例えば『○月○日 私が匿名でブログで書いた内容をしゃべられた』など。
 ただし、インターネットで書いている内容などは、いくら匿名性を持っているとしても、書いた人間がばれる可能性があることぐらいは把握しておきましょう。

 いじめストーカーは、まだ公にはなかなか理解してもらえない悪質な行為です。しかし、その兆候は、ネット上などで書かれています。
 いじめストーカーに悩まず、まずは、自分の思いを含めた日記のような『記録』を書くことをお勧めします。

※この話はフィクションです。
(ただし、【CM】文章中のリンクは本物です。)
posted by プロジェクトG at 11:23| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。