2007年04月24日

新規プロジェクトの話2

※この話はフィクションです。

 先日『新規プロジェクトが暗礁に乗り上げている』という話を書いた。

 それとは関係のない話だとは思うが、最近、携帯でバイト君の会社の前をうろちょろする人間がいて、彼曰く

『ここは儲かっていると思ったら、あるヤクザの金で動いている。金だけ取ったら、俺らはバックレよう』

などと言っていた。

 何の話かは分からないが、ひょっとしてうちの会社はヤクザ関係か?それともヤクザの上前をはねるどっかの組織か?と震えてしまった。

 ということは、上司の新規プロジェクトをわざと遅らせているのも、競合他社から金をもらっているからか・・・と思うと、よけい震えてきた。

 そういえば、先月別の人間が

『どっちにしろ困るのはヤクザですから』

とか言っていたのを耳にした。

どうか空耳でありますように(ー人ー)

 こんな事を書いて、もしバイト君に危害が加えられたときには、多分会社が絡んでいると思ってください。
 不採算部門で懸命に頑張っている一社員に危害を加えて何の特になるかは知りませんが・・・。
 少なくとも、バイト君はこの会社から出る給料以外、びた一文ももらっておりません。むしろ、サービス残業をしても懸命に働いている一会社員に過ぎません。
 『おまえの部署は儲かってないな。もっと働け!』などと詰られ、無視され、馬鹿にされ、購入からアルバイトへの指示にまでさまざまに監視・指導されるだけでなく、勝手にやっておいて失敗したらすべての責任を押しつけられ、成功したものは広報だけという評価になっている立場の弱い不採算部門の担当者に過ぎません。

 正直に申し上げて、新規プロジェクトが会社にて立ち上がらない以上、負債の責任を不採算部門に負わされるのは目に見えています。当不採算部門担当者に何の権限も与えられず、新規企画等も認められず、義務ばかり押しつけられた場合、不採算部門の悪化した場合の責任は負いかねるわけです。

 新規プロジェクト担当上司殿。はっきり申し上げますが、今年度、もし、バイト君の会社の経営不振になった場合、その責任のほとんどはあなたにあると言っていいでしょう。
 金と労力を無駄に費やした責任はマリアナ海溝よりも深く、エベレストよりも高いのです。私を嫌い、いじめるようにそそのかすのは結構ですが、会社のためにも仕事はしっかりやっていただくようお願いします。
 成功して名声を得るのなら結構ですが、失敗して退職金をもらって逃げるのだけはおやめ下さい。もし、どうしてもおやりになることが出来ないと感じたなら、別に上司がいますので、今すぐ交代することをお勧めします。

 なお、少なくともバイト君は、権限が何もなくても、不採算部門をなんとか維持するよう、破棄されても様々に提言を行うだけです。
posted by プロジェクトG at 00:32| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

新規プロジェクト暗礁にのりあげる

※この話はフィクションです。

 現在、バイト君の会社で新規プロジェクトを担当している人間は、いじめの天才である。第三者からみれば、多分、大阪漫才を見ることになるだろう。

 例えば、ある仕事(無論、本人は許可しているもの)を渡したとしよう。その際の回答は・・・

1、忙しい(で断る)
2、手伝うが、データがめちゃくちゃで返却
3、手伝う際、初歩的な入力のことで質問攻め

 大阪漫才なら、ここでキレて観客から笑いが起きるのだが、残念ながら、それは漫才上の話だけである。
 で、そのようないじめ方法が社内に波及した。

 不採算部門担当者(最近、でたらめな仕事を押しつけられている)バイト君としては、『いじめも心の余裕がないからであろう』と解釈しようとしていたのである。

 しかし、ここに来て新規プロジェクトが暗礁に乗り上げたなどと上層部が発表したのである。

 正確には『無期延期』だそうだ。

 ・・・ということは、新規プロジェクトは今まで何をやっていたのか・・・という怒りに満ちた疑問が沸々とわいてくる。

 無論、『でも、動く可能性もあります』なんて言っているが、結局、責任逃れの気がする。

 どっかで競合している会社から圧力か賄賂でももらってるんじゃないの?と言いたくなる気がする。
 『無期延期』じゃなくて、もう本気でやる気がないなら、プロジェクトを解散して頂いた方がよい。その方が、正直、余った人材で仕事の配分をうまく割り振れば、その分サービス残業なんてしなくてすむからだ。
posted by プロジェクトG at 18:39| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

追い出せばこっちのもの・・・か?

 バイト君の最近の話をしよう。

 最近、不採算部門であるにもかかわらず『貧乏暇無し』の部署に、さらに仕事を追わせようとする動きがあるようだ。
 それは、採算部門の担当者が自分で見積もりを出し、プロジェクトを形式的に作った案件である。実質的な段階に入っていきなり『丸投げ』しようとしたのだ(と聞いている)。
 そんなわけのわからんものを受け取れるはずはない。拒否させて頂くことにした。が、どうも押しつけようとしている傾向にある。自分でやっておいて、嫌になればトンズラというのが一番困る。

 最近、たいしたことのないマナー違反で攻撃を強めたりしている。カバンを床においた、それが許せないというのだ。しかし、マナーって何でしょうね。相手に迷惑をかけてはいけないというのが原則のはず。カバンを下に置いただけで地獄に突き落とすかのごとく言うのはいかがなものでしょうか?

 働きだしてバイト君の体は人が見ても『変わったね』というほど変形した。食べ過ぎで怠けているからだととある人物は豪語するが、残念ながら怠けられるほどこの部署は暇ではない。暇だというなら、リストラ出来るはずである。人数を補充しなくても十分にやっていけると言うなら、バイト君を切ればいい。そう考えるが、いかがであろうか。

 それだけではなく、様々な点から、何かしらおかしな行動が見受けられる。文章の訂正の際に『労働者のために』とか書き換えさせてみたり、『こういう忙しいときにこの(会社で会費を集めている飲み会などの)話を挙げてしまうのは恐縮なのですが』というと『福利厚生はれっきとした仕事ですから』と発言される始末である。

 残念なことに、バイト君はどこぞの党や団体に属しているわけではない。考え方を理解・納得・支持されたり、逆にその考え方を理解・納得・支持することはあっても、それだけのことである。
 結局、人は相手が嫌になると、レッテルを貼りたくなるものなのだと私は理解している。

 バイト君の会社でのモットーはなるべくゆっくりでもいいからお客様に『公平』『きちんとしたもの』に近づけること。無論、利益は考えますが。
 しかし、残念ながら限界もある。なぜなら、バイト君は万能ではないから。人足りないし。効率の良いシステムを考える暇もない。

 『何でもないことでごちゃごちゃと』

 でも、それは言っている方(や支持者)の主張。今まで地獄をさまよってきた人間には、ささいな発言がナイフのように突き刺さることもあるわけですから。

 『長生きしたければ奴隷となれ』

 ある人の名言です。ただし、奴隷のすべてが長生きとは限りません。

 『働けば自由になる』(アウシュビッツ正門の看板)

※この話はフィクションです。
posted by プロジェクトG at 23:53| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

あえて哲学を書こう・・・

※この話はフィクションです。

 ・・・最近、当社に高性能A型ロボットが投入された。このロボット、人心攪乱型機能が搭載しており、無意味な質問をして惑わす機能が搭載してある。

 でも、それはバイト君には関係がないことだ。

 バイト君が感心があることは、自分の部門を含めて会社がうまく動くこと、そしてそれが社会に迷惑をかけず貢献出来るかという事でしかない。

 どうも、3月バイト君解雇説は無くなったようだが、その次に6月説が浮上している。業務妨害もあるようで、一度決めてあったことを再度決めなおさせようとしたり、不必要な説明を求めたり、承認を遅らせる行動を取ったり、事態が収拾がつかなくなってからこちらに持ってくるということも起きている。

 しかし、現在は、バイト君は、やる必要があると判断したもののみやればよいという意識に変わって来つつある。「公平さ」「経費縮小」「安全性」について提言をし、受け入れないならそれを記録に残すということ、それで解雇されたとしても、それはそれとして受け止めた後、どう対処するか決めればいいことであると。

 大人は事態を収拾する方向に持って行くもので、訴訟などはしないものなどとある人物は言う。しかし、それならば、裁判所はいらない。暴力団なんて組織は存在するはずがない。警察もいらないだろう。

 争いが起きる。それは、人が価値観(個性)を持っているからである。それをうまく丸めるためには、双方が本心から納得する他にない。が、それには多くの時間がかかり難しい。とりあえず事態を収拾したとしても、本当に納得していなければ、そこから火種が生じることだってある。人は、常にそれに怯えなくてはいけないのかもしれない。

 いじめが発生する。これは、誤解かもしれない。いじめられたと判断したものは、『いじめ』だと当然主張するだろう。しかし、いじめたとする人間は、『いじめ』の意識がなかったということは考えられる。しかし、多くの場合、指摘されてもいじめをやめないのは、無意識ないじめ中毒なのか本当に悪質なのかのどちらかでしかない。

 結局、世の中、何が起きるか分からない。全体的に起きていることを分析し、良い方向に改善することと、対処療法が出来るように余裕を持っておくこと。これが必要である。
 このことは、社会についてだけでなく、会社だろうが個人だろうが様々なことについて言えることではないか。そうおもう。

 ・・・ちょっと哲学的なことを含めて語ってみた。いかがだったでしょうか?
posted by プロジェクトG at 23:50| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。