2007年07月21日

いじめとストレス

※この話はフィクションです。

・・・バイト君は、ブログに愚痴をよく書く。
無論、バイト君と知られていないという前提で。

その理由はいろいろだ。

気晴らしのため。
自分を見つめ直すため。
もし同じような人がいれば何らかの役に立つかもしれない。
書くのが好き。

・・・いろいろである。

所詮、一方的かつ限定的な見方を書いているに過ぎないのかもしれない。
でも、人間、なかなかすべてのことを書き表すのは無理なのである。

いじめられるもののストレス。これがあるのは事実である。

しかし、これは、逆のことも言える。

いじめるもののストレスである。

いじめるには理由がある。

金のため。
友情のため。
地位保全のため。
憂さ晴らしのため。

以前、バイト君もほんの少し意地悪をしたことがある。
その時、罪悪感が消え失せてしまっていた。
恐ろしいぐらいに。

その時、バイト君は「意地悪しないように気をつけねば」と改めて思ったものである。

なぜなら、いじめを空気のように感じる、そんな人間でいたくないと感じたからだ。

「仕方がない」と感じるのはまだ良い。空気と同じとなるのが怖いのである。

ストレスと闘え!いじめと闘え!バイト君!
posted by プロジェクトG at 23:42| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

部長!ビジネス文章だけにこだわるほど当部門は暇ではありません。

※この話はフィクションです。

 朝早くから夜遅くまで働いているバイト君。先日、ドザエモンに罵られた。

「『下記』と書いていながら、『記』という表現が抜け落ちているじゃないの。何遍も言わせて、こんな事を書く人間は非常識だし生きる価値もない!」

※下記:ある記事や文章のあとに書きしるすこと。また、その文章。(yahoo辞書より)

 ・・・最近は「記」なんて使わなくても「下記」なんて書くケース多いですから。「生きる価値もない」と言われるほどのことではありませんから・・・。

 その日、上司から呼び出される。

「ここの文章は揃えるべきだ。ビジネス文章としても・・・」
「それって、前の文章をコピーしたものなんですけど」
「じゃあ、前がおかしい」

 また同じ論理ですか。
 残念ながら、そんなんに付き合っているほど暇じゃないんですけど。そんなことにこだわるくらいなら、「残業を減らす努力」とか考えるべきなんじゃないですか?

 あんたの言葉、それ労災ですから。

 ・・・で、とあるアルバイト。

 (手書きの入力項目にて)「ここ9〜10にしといたから」
 「あの、先ほど説明したように、ここには数字は一つしか入りませんので」
 「いや、でも、9〜10だから」
 「大きい方を記入するようと説明しております。10と書いて頂けないでしょうか」
(まあ、「何度言っても本人がそう書いた」と主張してしまえばこっちのものだけどね。嘘じゃないし。)

 ここまで来ると厄日である。(というか、ある意味集団リンチである)

 先ほどの上司。

「休むときにはきちんと休まないと精神やられるぞ・・・笑」

「所詮、人間なんてそんなものですから・・・笑」
(残念ながら、そこまで悪人になれない人間がここにいますけど)
posted by プロジェクトG at 07:20| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。