2007年08月19日

アフィリエイトを考える

 最近、いろいろなものを勧め、そのものを買うことでお金儲けが出来る「アフィリエイト」が流行っている。

 私もほんの少し昔、本をここで紹介したとき、このシステムを利用した。

 でも、ネットで「アフィリエイト」の情報をサーフィンしていくうちに、ふと思ったことがある。

 「ちゃんと自分でものを吟味してすすめてるのか?」と。

 無論、そんなことをしていたら多分月うん万円も儲かるとは思えない。音楽とかなんらかのソフトとかだったらともかく、ものとかそんなのは絶対吟味など出来るはずがない。

 では、その人達はどうしているのだろうか?

 ここからは私の推測だが、理論的に考えて考えられることはいくつかある。

1、検索エンジンなどを使っての商品情報の転記
2、集団での情報共有(例えば、主婦達が集まっての使った商品の情報交換)
3、(人気がでたサイトの主への)売り込み

 「アフィリエイトは儲かる」には、それなりの理由がある。

 だから、アフィリエイトは私には向かない気がする。

 自分でさわならいと絶対認めないので。
 認めないもの紹介する気はないので。

 多分、こういう考え方の人は「アフィリエイトで大もうけ」って向かないような気がする。

 薬か洗脳でもされれば別ですがね(笑)
 それか、よっぽどうまく騙すとか(笑)

 でも、「商売は詐欺」だと言った人がいて、そういう話を聞くと、やはり納得してしまう部分もある。

 例えば、どこかのお店で親切に接客してくれたかわいい女性がいて、「たぶんいやなお客だろうな」と思いつつも、その対応が嬉しかったりする。アフィリエイトも同じで、(演出であったとしても)なにか説明のうまさとか感じる部分があると、何もされてなくても自然と集まってきたりするもののような気がする。

 人やらプログラムやらを駆使して集めるだけでなく、なにか素直な気持ちを活かしたアフィリエイト(商売)をすれば、普段素通りの人でも心のすきまにとどめておくところになるかもしれません。

 変な話、嫌いなとこばかりの商品でも、紹介して売ってみたら意外と売れたりするかも。
posted by プロジェクトG at 15:25| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月15日

ふとふりかえると・・・

>どこかの無責任な適当にあしらう回答で怒り狂ったライターが、暫定的に前バージョンで小説を記載する

 ・・・と昨日書いた。
 でも、よくよく読み直してみると、その回答は「ある程度真面目」だったことに気付く。

 たぶんその回答を書いたところは読んでいないと思うが、一応謝っておこう。(←というか、このような寂れたブログ、多分そういう所は読んでいないと思うが、それに、一般の読者には意味不明だし)

 人の気持ちでごく普通の文章がおかしく見えたりする感触。
 いやあ、やっぱ環境のせいだな。と、今日改めて納得した。
 (少なくとも「すべて自分のせい」・・・では片づかない話だと言うことに、今日、改めて納得した)

 世の中がすべて狂っている・・・と主張するつもりは毛頭ない。
 だが、自分が狂っている・・・と認めるつもりも毛頭ない。
 もしかすると、いろんな意味で「狂わされている」が正解かも(ニヤリ)

 わかってくれるかな?この気持ち。
 もしかしたら、共感出来る人も、世の中に何人かいるかもしれない。

 でもねぇ、もし「自分がいる」と感じられたなら、趣味でも社会批判でもなんでもいいから、死ぬ寸前までやるだけやったほうが良いと思うよ。生きてる時は誰だって人に迷惑かけるわけだし。
 ただ、「多大な迷惑」だけはやめにしよう。例えば、体が動けるのに働かないとか。無論、本当にいろんな面で死にそうなくらいきついなら別だけど。(まあ、たとえ家族が血がつながっておらず、あなたに様々な面で攻撃を加えてくると思ったとしても、家にいる以上、下宿代くらいは払おう・・・みたいな感覚は必要)

 そういう意味で、就労しない青少年に語る時、何を伝えるかを少し考えてみた。(・・・唐突ですが)

 この国で大人として生きていくには、適切な納税・適切な勤労(お金儲けを含む)・法(良心)の遵守が必要で、子や部下は上司や親、大人やリーダーをみて育つという再認識が不可欠だということ。どんなときでも、自分という意識がある限りは、人は人で有り続けられるということ。たとえ世の中が狂っているとしても、自分の生き方は自分が選択し決めることが可能だということ。(選択枠がどれくらいあるかは人や時によって違うが・・・)

 どうせ完璧じゃないんだから、いろいろ人って抱えてるんだから、やることはやっておこう・・・という発想。そういう前向きな発想は、たとえ、その時にはダメになったとしても、次がうまれてくると私は考える。(たとえ、それで終わりで、もう墓に入る・・・となってしまっても、それはそれじゃないのか・・・と)

 世の中には、いじめを楽しんで正義を語る人が多いけれど、それもまたその人の人生なのだ。と。(ストーカーやらの類を含め、世の中そんなものだと)いじめる喜びを感じ始め、性格が歪んでいく人の状況だったり、集団的いじめを体感してみたり、そういうのを観察して自分がどう思うか、とか、そういう見方も出来たりする。

 いやならいつでもやめられる。人生なるようにしかならん。とりあえず、いろんなところ体験してみては?こもってないでさ。

 以上。貧乏暇無しのプロジェクトGのお話でした。

※ブログについては無理矢理心機一転・・・ではなく、ちょっとずつ変えていこうと思っています。
posted by プロジェクトG at 15:56| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月13日

サイバーテロミニチュア版

(ブログのあり方を考える・・・からはや1日。どこかの無責任な適当にあしらう回答で怒り狂ったライターが、暫定的に前バージョンで小説を記載する)

※以下の話はフィクションです。

バイトくんの体感記。

先日、驚くべき事が起こった。・・・というか、予期出来たことですが・・・。

サイバーテロ ミニチュア版が発生したのである。

いきなり100台にエラー症状。
しかも、発生はコンピューター名が「A**」のパソコンのみ。
「B**」「C**」では発生せず。

一番正直な人は

「**でなければウイルスでしょう」

 バイト君はこう推測した。

 先日、ある所でハブが2回にわたり故障した。1回目は単なる故障かと思われたが、実は違っていた。2回目のハブ故障の際に、マクロウイルス(もしくはそれに類似するもの)のプログラムミスで残骸が残ってしまった。ということではないかと。

 恐るべき宇宙開発の曾孫請け企業!!(←意味不明)
 恐るべきY川の陰謀!!(←意味不明)
 恐るべき根暗ハッカー的集団の恐怖!!(←意味不明)

(※上記の3行はサイバーテロの演出を盛り上げるために筆者が記述したもので、特段意味はありません)

「利用者の良識に頼る」のが上司のやり方。

でもですね・・・いまどき、はやりのネットカフェですら防御策取ってますから。いくら説明したって予算つかんでしょうが。昨年の書類は紛失したままでしょうか?(もう捨てたと思われる:証拠隠滅)そんなことでもしてなきゃ、とっくの昔に報告書出してますよ。第一、防御策をやめろといったのあんたらの決定ですから。

・・・というか、ここまできたら・・・良識ってどこよ。
単に、バイト君を苦しめるためのみにやったとしたら・・・なんか、ちっちゃい。

まあ、気に入らんからとかそういうので予算つくとかつかないとかそんな次元じゃないんですよ。パソコンって。常に最低限の仕組みはつくっておかないと、また担当者が最低限の費用と時間の権限が与えられていないと何にもならないんですから。

まあ、バイト君はそんな不満を口にするわけでもなく、暫定的な対応策のみを述べ、お茶を濁すわけである。

そもそもセキュリティ対策はどんなにやってもきりがない。上には上がいる。だから、最低限度のみでよいから対策したいというのがバイト君の夢の一つである。が、それすら出来ない状況がここにある。

予算も時間もないバイト君ができること。それは、ただ、祈るのみである。お馬鹿なハッカーやそういうやつを使ったやつに鉄槌が下るよう。そして、パソコンが無事であるよう。

バイト君の今日の格言「仕事のみが人生じゃないことを肝に銘じる」
posted by プロジェクトG at 20:14| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

ブログのあり方をもう少し考えてみたい

「ペンは剣よりも強し」

しかし、この剣は諸刃の剣である。

例えば、「○○に対する評価」を書いたとする。

その評価を人がどう感じているか?

ある人は「普通の感覚では?」と感じ、ある人は「過激だ」と感じる。

そして、大抵の場合「権威が強い」「見た目が良い」「目立つ意見」の方が優勢となる。もし、これらの意見が否定的であれば、その書き手がすべて否定される。
そんなこんなが続くうち、結局、批判のように見えて実は自分たちのみを擁護する意見やらあたりさわりのない分野での意見のみが残ってしまった感じがある。

最近、ある話し合いの場に出席した。が、意見があまり出なかったように感じる。「こういうところが評価出来る」とか「こういうところをどうにかならないか」とか、そういう意見がほとんど出てこないように感じた。
あまりにも無茶苦茶な話が飛び出してきたり、というのは困りものだが、せっかく意見の場がある以上は主張しなければ意味がないように感じる。

でも、(真面目であっても)下手な意見を言えば潰されるのでは、という恐怖がこの世の中に支配しているのも事実である。当たり障りのない発言をしておくか、もしくは、一応口裏を合わせたやらせ発言に終始してしまうか・・・。

まあ、それでも「無視」というよりかは良い気がする。
最近は意見を住所・名前付きで書いてもなにも言わないようにするところも出てきた。内容が明らかにおかしいとしても、そんなことをすれば、最後はすべての意見を無視するような風潮がうまれ、どこかの会社のロボットではないが、人間がロボットと同じと見なしたり、野宿する失業者を「不要な人間」として燃やしてしまうような思想がはびこったりすることになるであろう。
自分の信じるものに誓って言うが、最近私があるところに送って返事が来ないメールの内容には、通常であればコメントを普通に出せるようなものしかないと断言出来る。

・・・その話はともかくとして、最近、このブログを読み返してみると「心のすさみよう」が分かる気がする。環境(まわり)のせいだとか、自分のせいだとか(多分、その両方だと理解しているが)いろいろ考えるところもある。
また、最近納得してしまった話など、良い面についての書き込みもなされておらず、妙に反省すべき点も数多くある。

以前も考えてみたが、いっそブログを閉鎖してしまおうか、とか、ブログの最新事情も含めて研究し作り直そうかとか考えている次第である。

でも、プロジェクトGが書いた内容は否定出来ない。それすらも受け止めた形で、なんらかの見解を出す予定である。

でも、人生って死ぬまで考えながら生きていくんだと個人的には思っている。

「考える」→「実行」→「結果」→「考える」

みたいに。だから、同じ考えが再び出ることもありますね。(結局は同じ考え、みたいな)
posted by プロジェクトG at 20:48| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

圏外の仕事を自分にやらせない方法

 最近、このブログも閑古鳥が鳴くようになっているようだ。
 でも、書き手はマイペース。読み手もマイペースでどうぞ。
 (筆者は見ても見てなくても構わない的な考えですから)

 ・・・あなたが、もし、自分の仕事以外の仕事をだれかからお願いされたとしよう。

 「普通に断る」

 これは普通の人のやり方である。

 「いそがしいんです」

 本当に忙しいなら問題がないが、その後忙しくないなら恨まれることになる。

 さあ、どうするか。

 最近のはやりは、「一旦引き受けて徹底的に潰す」のである。
 これは、私の友人が見た話である。

 例えば、あなたが他の人から簡単な用事を頼まれたとしよう。
 例えば「この書類の整理を頼む」と言われたとする。
 断らず一旦引き受ける。「いいですよ」的な感覚で。

 ところが、そこからすごいことが起きる。

 「すみません。先ほど依頼された仕事の件ですが、この部分が分からないんですけど」
 「これは・・・」

 これだけだと単なる質問応答なのだが、この質問の内容は「書類整理のマニュアルを読めば分かる単純な内容」なのである。

 「本当に分からない」のか・・・それとも「分からないふりをする」のか、さらには「分からなくなってしまう」のか、まあ、時と場合によっていろいろなのだろう。

 しかし、それが連続して起きるような仕組みとなる。

 当然、相手は仕事を次から依頼しない。で、相手は仕事が楽になるという仕組みがうまれることとなる。

 こういうやり方が出来るのは、相手に自分の仕事を依頼する必要がない場合のみである。

 しかし、依頼した方にも仕事に対する「甘え」がないか。それを見極めることも必要である。

 もっとも、「個々の仕事量をどう見ているのか」という判断はあるのだが。

(このブログ、エロサイト的なトラックバックは不定期に削除しています)

♪プロジェクトGは、なるべく税金(所得税・地方税・保険・年金)を支払った上で権利を主張する運動を推進しています♪(ただし、税金を払ったら生活出来ない人が支払わない場合や税金等の減免などに反対しているわけではありません)
posted by プロジェクトG at 21:21| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。