2007年10月11日

歴史は繰り返され、人は同じ轍を踏む

※この話はフィクションです。

 久しぶりにブログを書く。

 最近、よく思うことがある。
 それは「歴史は繰り返される」ということだ。

 過去、過ちを犯して「2度とやりません」と述べていても、それを反省しない人がいて、同じ轍を踏むような行動を起こす。

 だいたいそういう人の言い訳は「他でも同じ事をやっている」ということである。

 悪いと自覚していても、それを改めるという発想が無いらしい。

 無論、そうするように仕組んでいる人もいて、正直たちが悪い。

 まるで、わざとおかしな事を行って、攻撃を受けて撃沈されるのを待っているようである。無論、その時は自分は蚊帳の外にいて、難を逃れられるからいいやという人もいるから、さらにたちが悪い。

 正直、安月給でなにやら訳の分からん話に付き合う暇など私には無い。また、そんな余裕もない。

 また、どこかのだれかがミサイルを撃ち込むまで、どこかのだれかがうまい汁を吸うだけだろう。とバイト君は思った。

 どうせ、(様々な要因で)やめさせられるまで仕事を続けるのみである。警告はいくつも発しているが、聞く耳を持たなければそれまで。

彼らの言う

「訳が分からない」

と述べるのは、多分、市民が使う日本語が通じないせいだと解釈している。

 今年度、これ以上疑惑の取引で仕事を適当にもらってこられるのも不愉快だし、そのことで、何かしら訳の分からない話を押しつけられるのも迷惑だと思っている。

 世の中グレーゾーンやダークゾーンが存在することぐらい、小学生でもわかる。が、正直そんなのは時給1,000円程度、残業代無しの人間に押しつける話ではないだろう。

 というわけで、「表面上いじめや悪事はありません」というスローガンのもとに、今日も頑張ろうとバイト君は思っている。
posted by プロジェクトG at 00:41| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。