2007年11月18日

恐怖の話

※この話はフィクションです。

先日

「気持ち悪い、気持ち悪い、きちがい」

と電話口で囁いているのを見かけた。

・・・まさか、電話つながってないだろうな。

と、ぞっとしてしまった。
(ストーカー被害の方、家の電話はナンバーディスプレイをお勧めします)

書いておかないと、なんか不安になってしまった。
世の中いろいろあるんで。
posted by プロジェクトG at 23:14| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月11日

新プロジェクトの実態!?

※この話はフィクションです。

 先日、バイト君は、会長の履歴書を偶然拝見して腰を抜かしてしまった。

 実は、バイト君の会社ではとある新規プロジェクトを実行しようということが社長の口から発表され、社員一眼となって実施に向け努力している風に見えたのだが・・・。
 実施当初から部長が乗り気でない態度であったり、同じプロジェクトを数年前に立ち上げつつ、つぶれていたり・・・。どうもおかしいとおもいつづけていた。そして、その日、会長の履歴書をみて、その謎が解けてしまったのである。

 実は、当社の会長はいくつもの会社の役員やらを掛け持ちしているという話を聞いていた。ところが、その内容(どの会社の役員をしているかまで)1平社員が知るはずもなく、気にも留めていなかった。

 ・・・はっきりいうと、実は、会長は、今度打ち上げる新規プロジェクトを事業として収益を得ているA社の理事を務めていたのであった。このA社は実質的に当社と20km圏内にあり、当社においてこの事業が成功すれば敵同士になる可能性があった。

 ただ、社長は「会長もこの話に合意して事業を進めている」としながら、「A社が事前に新規事業の話を察知して妨害活動にでている」などという話をしていた。

 当時、会長の経歴なんて知らなかったバイト君は、「そんなこともあるんですねぇ」という感覚で聞いていた。(無論、その事業の担当者でもなかったから)

 「事業の見学に行くなら、この周辺で利用しない方が良い。嫌がらせされるよ。僕はC社に受けに行く」
 「私は、別の地域のD社を利用します。うちの事業はそっちの事業とは全く関係がないけど、今後のためにもいちおう見学しておかなくてはいけないでしょう」

 ということになった。

 ところが、このC社は(これも後で知ったのだが)当社と提携しているE社の事業であることが判明。D社はその敵対会社だった。

 事業にまったく関係の無いバイト君は、そんなことなど全く知りもしない。で、のこのことD社の事業を見学し帰ってきたのであった。

 ・・・従業員の声を掲載しておく。

「見事にまんまと罠にはまってから(笑)」

 しかし、バイト君は気にしていない。

「確かに罠にはまったのかもしれない。しかし、別会社の同事業の話を聞いて、当社がやろうとしている事業が客観的に理解出来た。そのことは、例え非常識と言われても、私のよい経験となった事は事実だ」

 新プロジェクトはどうなるのだろう?そう思いながら不採算部門事業を今日ももくもくと運営しているのであった。
posted by プロジェクトG at 16:15| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

・・・不正行為は働いておりません。

※この話はフィクションです。

 私、バイト君は、産まれてから今日に至るまで残念ながら金子や物品を要求したり、受け取ったりしたことはありません。
 なお、その保証は「バイト君」本人に関するものだけで、親族や家族が私の件に関して何らかの不正行為を働いたかについて保証するものではありません。また、今日現在においてそのような話は聞いていません。

 なお、上記の件に関して、そのことをしなかった、もしくは、仕事に関する改善等を行おうとした行為(不当な状態から正常な状態へ移行しようとしたなども含む)に対し、さまざまな被害を被ったかどうかに関して否定も肯定もできません。

 悪しからず。
posted by プロジェクトG at 19:54| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

通帳怪談

※この話はフィクションです。

バイト君、先日、おつかいを頼まれた。

内容はいたってシンプルである。

「これ、入金してきて」

と通帳と現金を渡された。

ところが・・・である。

その通帳の名義人をみて「はっ」とびっくりしてしまった。

その理由

名義人が「○○(会社名) 社長 ××(社長名)」

「へーこんな書き方もあるんだ」と感心しつつ、なにか引っかかってしまった。
第一、振込なんかをバイト君に頼むわけがない。不信だ・・・。

それで、もし、悪意があるならどうやってバイト君を陥れるかを考えてみた。

答えは2つ考えられた。

1 実は、この通帳は社長が「○○(会社名)」という権利無き社団を作り上げてつくった口座である。(本来、法人格を得ると会社名だけで口座が作成可能だがあえてなぜ社長名にしているのか?)

2、実は、この通帳、別の名義人のもので、会社の通帳ではない。
(名前をうまく消しているとか・・・)

・・・そこから、さらに、おかしな発想が・・・。

・・・実は会社自体存在していなくて、バイト君が騙されているのではないか。

おそろしい。

実は、そう思う理由が何点かあって、

「エアロビクスと称して老人体操を売り出そうとしている」
とか
「エアロビクスなのにビデオ学習のみで売り出そうとしている」
とか

最近、恐ろしい企画をしようとしている節があるのだ。

「エアロビクスと称した老人体操」ならまだよく分かるが、「ビデオ学習のみ」などというと、もうそれは「エアロビクス」から逸脱している気がする、などというのは素人なのだろうか。

まあ、商品を買う客がいれば何でもいいというなら、好きなようにすればいいと思う。

「商売はある意味詐欺」と言った人がいたが、売れれば何でも良いというなら、ネズミ講をやろうがなにをしようが会社の信用も失墜することはないだろうし、逮捕者が出ることもないだろう。

もし、こんな事を言ってクビにするというなら、その方が精神的に病まなくて済む気がするが、いかがなものだろうか。
posted by プロジェクトG at 22:53| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。