2007年05月29日

強引な縁故採用疑惑・・・

※この話はフィクションです。

 先日、バイト君の会社で求人募集があった。

 で、上司から『一応見ておいてくれ』と渡されたのが4通の書類。

 部類別に分けたところ・・・

・○○専門学校出身 2名 (上司の出身校)
・○○株式会社   1名 (お得意先)
・○○省      1名 (お役所)

・・・嘘だろう。おまえあれだけ公募してこれだけかよ。
ふざけんな。しかも、上司の関連先か、お役所しかないやんか。・・・

とこころの中で叫びつつ、書類をめくる。なお、履歴書の日付は5日前(笑:常識では投函の日に日付を書くため、3日前が最新のはず)

となりで叫ぶ事務員の声。

「うちはそんなに収入入りませんし・・・」

(ブチッ)自衛隊お得意の水際作戦か!!
(注)↑上記の事務員は自衛隊とは関係がありません。悪しからず。

まあ、別にいいんですけどね。バイト君に人事権ございませんので。
縁故でも何でも構いませんから、優秀な人材を選んで持ってきて下さいよ。上司殿。
(注)↑届けられた応募者が優秀でない訳ではありません。

結局、世の中そんなものという結論に達した不採算部門のバイト君でした。
posted by プロジェクトG at 20:51| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43274958

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。